株式投資を行うための3つのコツ

株式投資のコツは基本的ですが3つあります。


一つは出口戦略、損切りと利食いを絶対守ることです。
言い換えればいくら上がったら、あるいは下がったら売るかを決めてから買うのが株のコツです。
損切りの目安は5パーセントから10パーセントの株価下落、利食いの目安は10パーセントから20パーセントになります。


二つ目は、株価が安い時に買うことです。投資の世界では「安く買って高く売る」がルールになっていますが、PERを見て買い時かどうかを調べます。
一般的には15パーセント以下、急成長している会社はPER30倍以下が目安になるでしょう。
ただし、株価が安くなっているということは下落していることでもあります。
これ以上下がることも想定して、損切りのラインを決めてから逆指値をして買うのが望ましいでしょう。


3つ目は買う会社のことを調べることです。
その企業の製品やサービスは私たちの生活に溶け込んでいるか、また企業の経営者は優秀かどうか、具体的には明確なビジョンを示しているかどうか等を見る必要があります。


以上、3つが株を買う3つのコツです。

サイト情報

株の投資はむずかしいですね